ひとつ大人になるあなたへ

今日は大切な日だから!おたんじょうびおめでとう!




今年も桜が舞う季節になりました。ついこの時期になるともっちゃんのうちわをかついで西へ東へと足を運んでいたことを思い出します。毎年使いまわしてたおたんじょうびうちわ(笑)17は欠番か〜と、1回眺めて寂しながらまた片付けました。これを振ってたときのこともだけど、各地での思い出をいろいろ思い返して楽しかったな〜って想いを馳せて。


実は新しく応援してる子の関係で、少くらとかいろんなイベとかも行ったんだけど、9人のへいせいじゃんぷのスピードの早さにこの約1年が3年くらい先のものに感じました。これを踊るもっちゃんはかっこいいだろうな、かわいいだろうなと思い描けても、正直あの場に戻るスペースはわたしの目には見当たらなかった。これが厳しくも1年後の現状です。それを目の当たりにして、すごく重たく心臓がドクドク響いて。いた場所にいないのはやっぱり認めたくなくて、目を伏せて記憶の中のもっちゃんを必死に探していました。俯いて重ね合わせた瞼をぎゅっとすればするほど、瞼がじりじりと震えて…あぁわたしまだもっちゃんのことだいぶ好きだわと気付きました。降りてしまった今も、ふとどうしようもなく胸騒ぎがしてしまう日もあるのです…


そして、しーたんを見るたびにぼんやりとした容姿はもちろん、踊り方、細かく言えば顎のラインとか腕の持ってき方、リズムの取り方、すごくもっちゃんに似てきたなと感じることが多くなりました。もちろん全く違うところもあるけど…似てると感じるたびにわたしをセンチメンタルにさせます。わたしの好きなもっちゃんにほんとよく似てるから。元気かな?会いたいよ…


兄弟だから当たり前なんだけどね、わたしがこんなに会いたいと思ってる人に毎日会えていることが不思議で…顔を見て声を聞いて、今思ってることも考えてることも知れるってうらやましいとは思わないけど*1、別の感情として、すごくすごく不思議に感じます。もっちゃんの心は今何を見ているのでしょうか?


17歳。わたしが3年前とても楽しみにしていた17歳が始まりました。いろいろあったし、これからどうなるかとかもまだわからないけど、きっともっちゃんはこの試練がなかったら大人になれなかったのだろう、と考えられるようになりました。今でも時折、じゃんぷが前に進むたび、どんな心境で事を乗り越えているのだろうかと心配になるのも事実です。でもそれは越えるべき壁なのです。神様は試練を打ち砕けない人に試練を与えません。


この静寂な今も無駄にしたくないし、無駄にしてほしくありません。人がそれをどう捉らえるかベクトルを変えるだけで120度違う考え方が生まれる。だから今この時間は、この17歳は、もっちゃんがどうして行くかを考えるもの、であってほしいなと切に願います。


負けるな!見えないところで今日ももっちゃんのことを思っている人も必ずいるし、見て認めてくれる誰かもいる!その人たちのためにがんばれ!


17歳のおたんじょうびおめでとう!もっちゃん。もっちゃんの笑顔で大切なひとを幸せにしてください。自分を大切に。だいすきだよ。

*1:兄弟だからね